Excel VBA

VBA

VBAでXMLを作成して出力する場合の実装例とXML操作の基礎知識まとめ

VBAでXMLを扱う場合に最低限必要になるXMLそのものを知識や、XML DOMオブジェクトの解説、各メソッドの解説をしています。実際に生成するXML書式のサンプルと、それを作成するVBAのサンプルコードも紹介しています。この記事を参考にしていただければ一般的なXMLの生成はできるはずです。
VBA

【VBA入門】教科書通りじゃなくていい!初心者が無視してもよいVBAのセオリーや構文

VBAを新しく覚えようとしているプログラミング初心者向けの記事として、最初は覚えなくてもよいVBAの構文や言語仕様、セオリーなどを紹介していきます。VBAの教本や学習サイトでは必ず教えるし、サンプルコードでも使われているが、実際には大して重要ではないコードも多く、そういったものは当記事を参考にして無視しましょう。
ガルーン活用

【ガルーン活用】VBSやVBAからSOAP APIを実行しファイル管理のファイルを更新しよう

VBAやVBScriptを使ってガルーンのSOAP APIを呼び出して、ファイル管理のファイルを更新するサンプルプログラムを紹介しています。また、Base64へのエンコード処理も紹介しており、そちらも役に立つかも知れません。ほぼコピペで動作するように実装しているので、機会があれば積極的に試してみてください。
VBA

【VBS・VBA共通】複数のExcelブックを開いてシートを新規ブックにコピー

VBScriptやVBAで新規ブックを作成し、特定のフォルダに置かれている複数のブックを開いてシートを全てコピーして新規ブックに貼り付ける一連の処理のサンプルプログラムを紹介しています。VBScriptもVBAも言語仕様のベースは共通なのでどちらでも殆どコピペで動作します。良かったら参考にしてください。
VBA

【VBA・VBS共通】配列をソートするならレコードセットを利用しよう

VBAやVBScriptの配列は扱い辛く、例えば要素のソートをしたい場合でも、ソートする機能を持っていないため、クイックソートなどでアルゴリズムを手組みするか、Excelであればシートにいったん書き出してソートする処理が必要です。そこで今回おススメしたいのは配列の代わりにレコードセットを使用してソートする方法です。
VBA

【Excel・Access VBA】ADOでストアドを実行してSELECT結果を受け取る方法

SQL ServerのストアドプロシージャをVBAのADOを介して呼び出して、ストアド内でSELECTした結果をVBA側に返す方法を紹介しています。ストアドのSELECT結果をVBA側ではレコードセットとして受け取れます。また、別の実装方法として、一時テーブルをストアド側で作成しそれをVBAから参照する処理も紹介しています。
VBA

【VBA・VBS共通】Windows標準機能のFTPでファイル転送をするサンプルコード

VBAやVBScriptではFTPを使用してファイル転送する場合のサンプルコードを紹介します。尚、今回のコードでは、外部プログラムは使いません。また、FTPコマンドをテキストファイルで用意して外出しせずに実行する方法を紹介しています。ほぼコピペで動くので是非参考にしてください。
VBA

【VBA CSV出力】Openステートメント・FileSystemObject・Streamオブジェクト

VBAを使って実装する処理のなかでは頻繁に使われる「CSV出力」処理ですが、主な実装方法としては以下が定番です。 ...
VBA

【Excel VBA・Access VBA】Outlookの受信ボックスをフィルタして添付ファイルを保存

Outlookの受信ボックス内のメールを、Excel VBAやAccess VBAでフィルターを掛けて、添付ファイルがあれば所定の保存先に保存する一連の処理のサンプルプログラムを紹介します。また、処理内容のわかりやすく解説もしております。当サンプルプログラムを参考にOutlookをより便利に使いこなしましょう。
タイトルとURLをコピーしました