ADO

VBA

【VBA・VBS共通】配列をソートするならレコードセットを利用しよう

VBAやVBScriptの配列は扱い辛く、例えば要素のソートをしたい場合でも、ソートする機能を持っていないため、クイックソートなどでアルゴリズムを手組みするか、Excelであればシートにいったん書き出してソートする処理が必要です。そこで今回おススメしたいのは配列の代わりにレコードセットを使用してソートする方法です。
VBA

【Excel・Access VBA】ADOでストアドを実行してSELECT結果を受け取る方法

SQL ServerのストアドプロシージャをVBAのADOを介して呼び出して、ストアド内でSELECTした結果をVBA側に返す方法を紹介しています。ストアドのSELECT結果をVBA側ではレコードセットとして受け取れます。また、別の実装方法として、一時テーブルをストアド側で作成しそれをVBAから参照する処理も紹介しています。
VBA

【Excel・Access VBA】ADOでストアドを実行するサンプルプログラム

今回はVBAからADO経由でデータベースサーバーのストアドプロシージャを実行する方法を紹介します。 尚、以前にVB...
VBA

【Excel・Access VBA】データベース接続用クラスで時短プログラミング

ExcelやAccessでデータベースに接続してデータ取得やデータ更新処理を実行する場合に、ADOを利用して実装すること...
MS Access

【MS Access】配列の代わりに作ったRecordsetがコンボボックスのアイテムに表示できない

以前も上手くいかなくて、別の方法で代用したんですが、今回できる方法を見つけたので、ブログに残しておきます。 A...
Tips

【VBScript】配列の代わりにレコードセットを使う方法

今回はVBScriptの配列の代わりにレコードセットを使用する方法を紹介します。 VBScriptの配列は使いづらい ...
Tips

【VBScript】レコードセットを関数の戻り値に指定する方法

VBScriptでバッチを作っていて、たまにRecordsetを関数の戻り値に設定したい場合があり、いつもやり方を忘れる...
Tips

【VBScript】SQLServerに接続してSQL(SELECT)を実行しCSVに出力

以前に以下のサンプルコードを紹介しましたが、 【VBScript】SQLServerに接続してSQL(SELECT...
Tips

【VBScript】SQLServerに接続してSQL(UPDATE)を実行

SQLServerに接続し、UPDATE文のSQLを実行するサンプルコードです。 Option Explicit ...
タイトルとURLをコピーしました